納品事例 -Our Works-

愛知県碧南市 I様邸 


愛知県碧南市 I様邸 の画像

今回、ご紹介させていただくお宅は愛知県碧南市のI様邸の納品事例です。碧南市は大和屋家具店のある半田市の海を隔てての隣街で碧南市にはいつも『愛知県で唯一の海底トンネル』を抜けて車で10分程の距離感です。

I様邸は、床材に無垢の針葉樹材を用いており、壁もホワイトを基調に柱をナチュラルで仕上げてありましたので、ナチュラル感を残しつつも少し色のある樹種でコーディネイトさせていただきました。

愛知県碧南市 I様邸 の画像

カウンターチェアは飛騨高山を代表する『森のことば』シリーズのチェア。カウンターで使うということで、お部屋で寛いでいるときは常にチェアの後ろ姿が見えることになります。今回はとくに、座り心地とともに後ろから見て特にかっこいいいをテーマに選ばせていただきました。後ろから見たときに背もたれのカーブと後足のシルエットの美しさは抜群です。また、『森のことば]のチェアは、座面も広く、男の人がゆっくりあぐらを書きながらリラックスするのにもってこいのチェアです。カバーも外せて洗えますのでついつい安心して長居してしまいます(笑)

愛知県碧南市 I様邸 の画像

今回の掘りごたつは八角形に彫られており、それに合わせて丸テーブルをご提案させていただきました。テーブルへの出入りもしやすいぴったりのサイズ感で収めることが出来ました。また、床材は経年変化で次第に濃い色に変わっていくことを考慮して天板をウォールナット材で少し長い目で見たときのイメージを大切にして材を選ばせていただきました。脚も8人座れることを大前提に1本脚でのご提案となりました。写真ではわかりづらいですが、1本脚は床材に近い色目のオークを選ばせていただきました。

愛知県碧南市 I様邸 の画像

お部屋の真ん中にはウールで寝心地抜群のハグみじゅうたんのラグを敷かせていただきました。掘りごたつでくつろぎながら、横にゴロンとしたくなった時は気持ちいいハグみじゅうたんが待っています(笑)。また、サイドボードも北海道の大自然の工場で作られたSACのチークのサイドボードです。開放感を持たせるために脚の長いシンプルなデザインを選ばせていただきました。そしてロッキングチェアもテーブルに合わせてウォールナット材とオーク材の2材種でご提案させていただきました。

最後に…

ナチュラルな感じを残しながら木の変化を意識した材料でトータルにコーディネイトさせていただきました。また、『掘りごたつの家』ということでリラックスすることを最優先するインテリアを考えてのコーディネイトとなりました。暮らしで一番大切なことは、『どんな暮らしをしたいのか・・・』ということです。そこにはしっかりとした自分の意思があります。家作りの基本には、自分探しであるといっても過言ではありません。ただ、皆さんすべてが明確に『こんな生活がしたい!!』って明確なイメージを持っているわけではありません。イメージを確認するために皆さんインテリアショップを廻られると思います。ぜひ、大和屋にも『自分らしい暮らし』を探しに来てください。きっと多くのヒントが見つけられると思います。

 

今回、コーディネイトさせていただいた愛知県碧南市のI様ありがとうございました。



↑PAGE TOP