チェア身体への優しさと美しさを融合した至極のチェア 

ずっと座っていたいアームチェア ホワイトオーク革張り4

ずっと座っていたいアームチェア ホワイトオーク革張り4ずっと座っていたいアームチェア ホワイトオーク革張り3ずっと座っていたいアームチェア ホワイトオーク革張り1ずっと座っていたいアームチェア ホワイトオーク革張り2ずっと座っていたいアームチェア ホワイトオーク革張り7ずっと座っていたいアームチェア ホワイトオーク革張り8


背もたれが浮いている

背骨のラインを意識した宙に浮くような形の背もたれは、横方向と縦方向の両方にRをかけた3次元経常の背もたれに設計されています。

 

座面の3次元構造

また座面もお尻を包み込むような形状になっており、骨盤の後方回転を抑制し安定した座り心地を確保できます。人間工学と医学的知見を元に産官学共同でスタートしたアラインプロジェクトにおいて誕生した「腰にやさしい椅子」。

 

肘のラインも美しい

美しいラインが椅子に品格を持たせてくれます。アームの先も程よく滑らかでいつまでも触っていたくなります。

 

2柄のセオトEX

『SEOTO-EX』はこうした研究をベースに、“身体への優しさと美しさの融合”をテーマに開発しました。目指したのは最高の座り心地と最高のデザインを持つ家具作りです。写真の左側はファブリック張りのSEOTO-EXで同じく木部はホワイトオークですが、ブナ・ウォールナットで製作することも可能です。

デザイナーは川上 元美(Motomi Kawakami)氏。日本を代表するデザイナーのひとり。

東京芸術大学美術学部工芸科(ID専攻)卒業。東京芸術大学院美術研究科(デザイン)修士課程終了。アンジェロ・マンジャロッティ建築事務所勤務 (ミラノ)後、川上デザインルーム設立。現在に至る。

東京芸術大学、多摩美術大学、金沢美術工芸大学、神戸芸術工科大学などの客員教授を歴任。

プロダクトデザイン、インテリアデザイン、環境デザイン等を手がける。各地の地場産業の活性化事業や地方人材育成事業に協力。

商品の仕様

価格

77,000円~146,300円

商品サイズ

610 mm
奥行き
560 mm
高さ
765 mm
座面高さ
420 mm

商品の素材

ビーチ ホワイトオーク ウォールナット 

仕上げ

ポリウレタン樹脂塗装/オイル塗装可(15%UP)

展示情報

展示
有り
価格
140,800円
サイズ
W610×D560×H765×SH420 mm
素材
ホワイトオーク 本革Dランク
仕上げ
ポリウレタン樹脂塗装


↑PAGE TOP